D・O・G > 除菌・消臭アイテム > MAMORU
【 MAMORU 】 PHMB
  • 250ml ¥1,518- (税抜¥1,300-)/
購入数


【PHMBとは?】

世界30ヶ国以上で使用されている、安心・安全で確実な除菌剤。
それがPHMB(ポリヘキサメチレンビグアナイド)です。
アルコールでは除去できないノロウィルス(代替菌:ネコカリシウィルス)に対しても 強い不活化を有することがGlasgow Caledonian University(グラスゴーカレドニアン大学) の実験で明らかになりました。
特にエンベロープ型のウイルスも不活化することができ、国内温泉施設では長年レジオネラ属菌が検出されておりません。

国内でも医療現場・食品加工工場・酒造工場・医療介護現場、身近なところではコンタクトレンズの保存液・入浴施設・プール等で広く使用されています。

PHMBは無臭の為 香りを邪魔しません。また、脱色の心配もありません。その上、タンパク質が残存していても抗菌効果が低下しづらく、場所や素材を選ばずに、除菌&消臭出来るのが特徴です。
(革製品、レーヨン、精密機器、加湿器にはご使用できません)

















【対ウィルス・対菌データ】

[PHMBの対ウィルスデータ]
名称 阻止濃度
(ppm)
インフルエンザウィルス 300
ヘルペス(type1)ウィルス 300
ロタウィルス 200
豚インフルエンザウィルス 80
ワクシニアウィルス 300
ネコカリシウィルス 400
ノロウイルスモデル 200
鶏伝染性喉頭気管支炎 20
鶏痘ウィルス 80
猫コロナウィルス 400
パルボウィルス 400
コロナウィルス
(代替菌:豚伝染性胃腸炎)
80

[PHMBの対菌データ]
名称 阻止濃度
(ppm)
細菌類
黄色ブドウ球菌(MRSA) 6
腸内細菌 4
大腸菌 5
レジオネラ属菌
(菌種により異なる)
5~40
バチルス属セレウス菌 33
サルモネラ菌 33
セラティア菌 33
O-157 16
カビ・酵母
黒カビ(麹) 150
酵母菌(パン) 60



・1977年ICIウイルス学ユニットテストレポート:抗ウイルス活性。
・2つの抗菌性物質の評価のための定量的懸濁試験ロタウイルス
 に対して。フリーマン病院。2001年9月19日。
・口蹄疫ウイルスに対する抗菌効果。消毒剤研究所、動物衛生研究所、
 ピルブライト研究所。2002年8月19日。
・猫コロナウイルスに対する抗菌の有効性。グラスゴー大学医学部
 2003年12月22日。
・ネコカリシウイルスに対する抗微生物活性(ヒト)ノロウイルス代理)。
 BluScientific Test Data、グラスゴーカレドニアン大学。2005年2月。
・H5N1高病原性鳥インフルエンザに対する抗菌剤の殺ウイルス効果
 ウイルス、クロアチア獣医研究所。2007年1月10日。






【成分】
主成分:ポリヘキサメチレンビグアナイド(PHMB)
副成分:柿渋エキス(パンシル)

【内容量】 250ml ボトル 約1,000回噴射

【生産国】 日本

【消費期限】 製造日から2年間

【使用方法】
噴射する場合、対象の物から20㎝〜30㎝離してスプレーしてください。
空間にスプレーする場合、6畳で2〜3スプレーが目安です。

【使用上の注意】
・本来の用途以外には使用しないでください。
・混合不可、特に塩素系と一緒に使用しないでください。
・加湿器に入れての使用、噴射が非常に細かな霧状になるスプレーでの使用はおやめください。
・幼児の手に届く所には置かないでください。
・食用・飲用にはご利用いただけません。
・使用後に身体に異常がある場合は本品を持参して医師にご相談ください。
・除菌効果は使用環境により異なる場合がございます。
・直射日光をさけ冷暗部で保管してください。
・本品は性質上白濁することがまれにございますが、品質に問題はございません。

購入数




【PHMBとは?】

世界30ヶ国以上で使用されている、安心・安全で確実な除菌剤。
それがPHMB(ポリヘキサメチレンビグアナイド)です。
アルコールでは除去できないノロウィルス(代替菌:ネコカリシウィルス)に対しても強い不活化を有することが
Glasgow Caledonian University(グラスゴーカレドニアン大学) の実験で明らかになりました。
特にエンベロープ型のウイルスも不活化することができ、国内温泉施設では長年レジオネラ属菌が検出されておりません。

国内でも医療現場・食品加工工場・酒造工場・医療介護現場、身近なところではコンタクトレンズの保存液・
入浴施設・プール等で広く使用されています。

PHMBは無臭の為 香りを邪魔しません。
また、脱色の心配もありません。その上、タンパク質が残存していても抗菌効果が低下しづらく、
場所や素材を選ばずに、除菌&消臭出来るのが特徴です。
(革製品、レーヨン、精密機器、加湿器にはご使用できません)
















【対ウィルス・対菌データ】

[PHMBの対ウィルスデータ]
名称 阻止濃度
(ppm)
インフルエンザウィルス 300
ヘルペス(type1)ウィルス 300
ロタウィルス 200
豚インフルエンザウィルス 80
ワクシニアウィルス 300
ネコカリシウィルス 400
ノロウイルスモデル 200
鶏伝染性喉頭気管支炎 20
鶏痘ウィルス 80
猫コロナウィルス 400
パルボウィルス 400
コロナウィルス
(代替菌:豚伝染性胃腸炎)
80

[PHMBの対菌データ]
名称 阻止濃度
(ppm)
細菌類
黄色ブドウ球菌(MRSA) 6
腸内細菌 4
大腸菌 5
レジオネラ属菌
(菌種により異なる)
5~40
バチルス属セレウス菌 33
サルモネラ菌 33
セラティア菌 33
O-157 16
カビ・酵母
黒カビ(麹) 150
酵母菌(パン) 60



・1977年ICIウイルス学ユニットテストレポート:抗ウイルス活性。
・2つの抗菌性物質の評価のための定量的懸濁試験ロタウイルスに対して。フリーマン病院。2001年9月19日。
・口蹄疫ウイルスに対する抗菌効果。消毒剤研究所、動物衛生研究所、ピルブライト研究所。2002年8月19日。
・猫コロナウイルスに対する抗菌の有効性。グラスゴー大学医学部2003年12月22日。
・ネコカリシウイルスに対する抗微生物活性(ヒト)ノロウイルス代理)。BluScientific Test Data、グラスゴーカレドニアン大学。2005年2月。
・H5N1高病原性鳥インフルエンザに対する抗菌剤の殺ウイルス効果 ウイルス、クロアチア獣医研究所。2007年1月10日。







上へ